広瀬眼科 福岡県小郡市祗園一丁目15番地の10/電話:0942−72−2721/FAX:0942−73−3676 MAP
HOMEへ 医院紹介 診療案内 スタッフ紹介 受診の際に 目の学習室 トピックス LINK 手術の話 こんな時は アイキャン小郡
タイトル 手術の話

硝子体手術

<硝子体手術とは>

手術のイラスト 眼球のなかには硝子体という透明のゼリー状の組織があります。この組織が網膜を牽引したり、炎症を持続させたり、混濁や出血を含み網膜へ光が達する邪魔をします。この硝子体を切除するために角膜の横に小さな穴を3ヵ所開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除いたり、網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させる手術です。
現在では手術機械の発達や手術技術の進歩により手術可能となる疾患も増え比較的安全に手術ができるようになりました。当院でも最新の手術設備と熟練したスタッフにて安全で確実な手術を目標としています。しかし目の中に入り直接網膜に処置をしたり、眼球の形を保持し網膜を内側から支えている硝子体を取り除くのですから術前の詳細な検査と術後の安静は必要です。日帰りでの硝子体手術を希望される方や、実際におこなわれている施設もあるようですが、当院では日帰りでの硝子体手術は行なっておりません。手術後はトレーニングを受けた看護師のいる病院へ入院していただきます。術後安静の重要性と術後の合併症に迅速に対応するためです。

<手術適応となる疾患>

1、硝子体出血

糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などによる硝子体出血に対してこの濁りを切除し直接網膜へレーザー光線による光凝固術をおこなう。

2、特発性黄斑円孔

黄斑部の円孔の原因となる硝子体の牽引と網膜上の牽引を解除し、眼内へ人体に無害なガス注入をおこないこの特別なガスで内側より圧迫して円孔を閉鎖させる。

3、黄斑上膜

網膜を引っ張りシワを作ったり、黄斑上で視力の妨げとなる黄斑上膜を直接剥がす。

4、裂孔原性網膜剥離

裂孔の原因となっている硝子体の牽引を取り除き、空気を入れることで剥離した網膜を復位させ、網膜裂孔の周りにレーザー光線による光凝固術をおこない裂孔を閉鎖する。

5、糖尿病網膜症

黄斑浮腫を持続・悪化させていると考えられる硝子体を切除する。また増殖性変化をきたしている場合は増殖膜の切除、除去、網膜の復位と眼内への十分なレーザー光凝固術をおこなう。

<手術>

手術は局所麻酔で行います。手術室で眼の消毒をした後に眼の下の部分に麻酔の注射をします。
局所麻酔をしていても痛みを感じる時がありますので、強く痛む時は麻酔の追加をしますから声をかけてください。

角膜の横に手術機器を挿入する3箇所(1.術中に眼球の形態を保つための還流液を入れる 2.眼内を照らす照明や内視鏡を入れる 3.硝子体を切除するカッターや眼内でレーザー治療をおこなう機械を入れる)の小さな入り口をつくります。

最初に硝子体を切除します。その後に手術の目的(疾患)により異なりますが、網膜の処置をします。
手術を確実に行う為、白内障手術を同時に行うこともあります。

糖尿病網膜症の増殖膜除去
糖尿病網膜症の増殖膜除去
黄斑上膜の除去
黄斑上膜の除去
特発性黄斑円孔手術
特発性黄斑円孔手術
増殖糖尿病網膜症手術中の眼内レーザー光凝固術(内視鏡使用)
増殖糖尿病網膜症手術中の眼内レーザー光凝固術
(内視鏡使用)

手術は顕微鏡を使う細かい複雑な操作ですので、手術中は頭や体を動かさないようにしてください。咳が出そうになったり、腰や背中が痛かったりする時は、声をかけてください。可能なところで手術の手を休めます。

硝子体手術中
硝子体手術中

網膜の処置が終わると切除した硝子体のかわりに眼内を灌流液で満たして手術が終わります。手術は1〜3時間かかり、症例によって異なります。

疾患によっては内側から網膜を押さえるために空気や特別なガスを眼内に入れて終わる場合があります。

手術中に薬物アレルギーや体調不良、球後出血(眼の周りの出血)・駆出性出血(眼の中の出血)等が起こると、場合によっては手術を延期、または中止することがあります。
また、手術中の合併症として網膜裂孔、網膜剥離、眼内出血、駆出性出血等があれば、追加手術を必要とすることもあります。

<入院>

術後1〜2週間程の入院が必要であり、更に約2週間は自宅での安静が必要です。仕事への復帰は術後4週間を目安としてください。

手術後のうつぶせ姿勢
手術後のうつぶせ姿勢
黄斑円孔や網膜剥離の手術の場合、網膜を内から押さえる為に眼内に空気や無害のガスを入れます。この場合、術後に寝ているとき、起きているときを問わず、ずっと下をむいていないと網膜を押さえることができません。一日中うつ伏せしている期間は空気やガスの種類、その方の眼の状態によって違いますが3〜5日です。

手術後に網膜剥離や再出血、感染症などの合併症や、もとの病気の再発があれば再手術が必要になることもあります。

POINT
目の中に空気や特別なガスを入れて手術が終わる場合、手術直後からの1〜2日間のうつ伏せが非常に大切です。顔を下に向けることが目的ですから、うつぶせでベットに寝てもらうか、椅子に座りベットに額をあてる、またはベットに座りオーバーテーブルを使いうつむくことになります。ベットの上でうつぶせになる場合は、目を圧迫しないように専用の枕を使います。うつぶせの期間中ずっと同じ姿勢を続けると大変辛いので、ベットに横になる方法と座る方法を使い分ける方が良いでしょう。昼間座ってすごすと、夜間に入眠しやすいです。
医師

うつぶせ用安楽枕 座位でのうつぶせ
うつぶせ用安楽枕 座位でのうつぶせ

<退院>

退院後は定期的に通院していただき、経過観察を行います。
術後視力の回復は疾患、病状、進行の程度によって異なり、元の病状が重い場合は視力が再び低下したり、再手術が必要になる場合もあり得ます。 とくに糖尿病は、手術後の経過観察がたいへん重要ですので、辛抱強く治療を続けていくことが必要です。

ひとつ前にもどる 広瀬眼科HOMEへ うえへ
Copyright 2003- HIROSE GANKA mail:info@hirose-ganka.com メール